TDKについて

ご挨拶

デジタルとエネルギーの変革を支える最先端のテクノロジーで、サステナブルな社会の発展に貢献します。代表取締役社長 石黒 成直

TDKは1935年、東京工業大学が発明した、世界初の磁性材料「フェライト」の事業化を目的として創業しました。それは、これまでにない価値を創造し、世の中のお役に立ちたいという創業者の思いによるものです。当時、用途も分からなかったフェライトの未知の可能性を信じた、まさに“大学発のベンチャー企業”と言える挑戦でもありました。

このフェライトを源流とした素材技術と、素材の特性を引き出すプロセス技術、評価・シミュレーション技術、生産技術、製品設計技術という、5つのコアテクノロジーを駆使したモノづくりによって、TDKは、オリジナリティと高い価値をもった、社会の発展を支える製品を創造し続けてまいりました。今日、TDKの製品群はコンデンサ、インダクタ、トランス、センサ、アクチュエータ、磁気ヘッド、マグネット、電源、電池などの多種多様な電子部品・電子デバイスに広がっています。

近年、IoTやAI、ビッグデータ、ロボットなどを活用した高度なスマート社会が到来し、デジタルやエネルギーの変革が起ころうとしています。この新たな社会システムの実現には、電子部品・電子デバイスの役割が一層、重要になっています。TDKは、自動車、ICT(情報通信技術)、産業機器・エネルギーを重点分野として注力し、人々の暮らしや社会に貢献していきます。

TDKは、世界30以上の国や地域に、製造、研究開発、営業などの拠点を200カ所以上設置、従業員は105,000人近くに達しています。そのうち、日本以外の拠点に在籍している従業員は約90%にのぼり、多種多様なバックグラウンドを持った人材が活躍する多様性はTDKの大きな強みとなっています。

「創造によって文化、産業に貢献する」という社是の通り、TDKには、世の中のお役に立つ、社会に貢献するというDNAが脈々と受け継がれています。その一環として、2015年に国連で採択された「SDGs(持続可能な開発目標)」にも積極的に取り組んでいます。TDKはこれからも、サステナブルな社会の発展に貢献するデジタルとエネルギーの変革を支えるべく、創造性とイノベーションでさらなる成長を目指してまいります。

TDK株式会社
代表取締役社長
石黒 成直

Recommendations

PAGE TOP