TDKについて | 資材調達

TDKサプライヤー行動規範

当サイトでは、TDKの購買活動についてご理解いただく為に TDKの購買取引についての考え方、手続きをご案内しております。

1.労働

  1. 1) 労働者の人権を尊重し、いかなる強制労働も行いません。労働者の身分証明書やパスポートなどを没収したりもしません。
  2. 2) 就業年齢に満たない児童は、いかなる製造の過程で使用しません。また18歳未満の労働者については、夜間の業務や残業に従事させません。
  3. 3) 労働者には、生産性の低下、怪我や疾病につながる長時間労働には従事させません。少なくとも週に1日以上の休日を与えます。
  4. 4) 労働者に支払う報酬は、地域の最低賃金を守り、残業や福利厚生も法律を遵守して支払います。
  5. 5) 労働者に対するセクシャルハラスメント等の非人道的な待遇が発生しない様に努め、発生した場合の懲戒方針や手順を定めます。
  6. 6) 労働者の賃金、昇進、研修等で、人種、肌の色、年齢、性別、性同一性と性表現、民族または国籍などによる差別を行いません。
  7. 7) 労働者が団体交渉を行ったりする為に、労働組合に参加または参加しない権利を尊重します。

2.安全衛生

  1. 1) 労働者の作業環境において、潜在的な危険に対して設計、工学的管理、トレーニングを通じてその危険を低減します。
  2. 2) 潜在的な緊急事態を特定し、緊急事態が発生した場合は従業員への通知や安全な避難を行います。
  3. 3) 労働災害および疾病については、その事例の分類および記録を行い、必要な治療、調査、是正措置を行います。
  4. 4) 労働者が、化学的、生物学的、物理的物質に暴露する場合は、その危険性を設計、工学的管理で低減します。
  5. 5) 労働者が重量物の持ち上げ、長時間の立ち作業など身体的に負荷のかかる作業を行う場合は、その危険性は特定し、評価、管理します。
  6. 6) 生産機械およびその他の機械は、その安全上の危険を評価し、労働者が怪我をする場合は、インターロック等を設置し、適切に保守管理します。
  7. 7) 労働者には、清潔なトイレや飲料水、衛生的な食品および食事の為の施設を提供します。労働者の寮も、清潔かつ安全を維持し、適切な個人スペースを提供します。
  8. 8)安全衛生に関する情報は施設内に明確に掲示され、すべての作業者がアクセス可能/理解されるようにします。 労働者側から安全上の懸念を提起することを奨励します。

3.環境

  1. 1) 必要な全ての環境許可証や登録は、最新の状態を維持します。
  2. 2) 汚染物質や廃棄物は、発生源を特定し、汚染防止機器の設置や管理で最小限に抑制します。また、水や化石燃料などの天然資源は浪費しない様にし、生産プロセスの変更や材料の代替えなどにより、使用量を抑制します。
  3. 3) 人体や環境に対して危険をもたらす化学物質等は、適切に管理します。
  4. 4) 固形廃棄物(有害物以外)も、適切に管理します。
  5. 5) 揮発性の有機化合物や腐食性物質などは、大気に排出される前に適切に処理し、監視を行います。
  6. 6) 製品や製造過程で使用される禁止または制限物質は、適用される法律、規制、TDKグリーン調達基準を遵守します。
  7. 7) 水源や排水のモニタリングにより、水の管理を行います。
  8. 8) エネルギーの消費、温室効果ガスの排出を最小化する取り組みを行います。

4.倫理

  1. 1) あらゆる種類の贈収賄、腐敗、恐喝、および横領を行いません。
  2. 2) 賄賂またはその他の不適切な利益を、要求したり、約束する事はしません。
  3. 3) 全ての商取引は透明性をもって行い、会計帳簿や記録に正しく記載します。労働、安全衛生、環境活動、業績等に関する情報は、一般的な業務慣行に従って開示します。
  4. 4) 知的財産権を尊重し、顧客やサプライヤーの情報を保護します。
  5. 5) 公正なビジネス、広告、および競争に努めます。
  6. 6) サプライヤーおよび従業員からの内部告発については、機密性や匿名性を維持し、通報者に報復が無い様に保護します。
  7. 7) 製品に含まれるタンタル、錫、タングステン、および金が、コンゴ民主共和国または隣接国で深刻な人権侵害を行っている武装グループの直接的または間接的な資金源となっていない事を合理的に保証する様に取り組みます。
  8. 8) サプライヤー、顧客、消費者、および従業員などの個人情報については、プライバシーに配慮します。

5.マネジメントシステム

  1. 1) 経営幹部に承認された、企業の社会環境に対する責任方針を定めます。
  2. 2) 労働、安全衛生、環境および倫理のマネジメントシステムの実施の確保を担当する上級役員および会社の代表者を特定します。
  3. 3) 適用される法律、規制、顧客要求事項を特定、監視します。
  4. 4) 法令遵守、労働、安全衛生、環境および倫理に関するリスク評価とリスク管理を行います。
  5. 5) 社会的責任、環境的責任を改善するための目標を作成します。
  6. 6) 方針や手順、改善目標および法規制の要求事項を満たす為の、管理職および労働者の研修を行います。
  7. 7) 方針や業績などに関する正確な情報を、労働者、サプライヤーおよび顧客に伝えます。
  8. 8) 本規範を実施するにあたり、従業員の理解や本規範に違反するに関する通報などの苦情のシステムを維持します。
  9. 9) 法規制の要求事項や本規範などの要求事項に適合しているかの定期的な評価を行います。
  10. 10) 社内外の評価や監査によって指摘された不備に関しては、是正を行います。
  11. 11) 規制の遵守やプライバシーの適切な保護の為に、文書や記録を作成し、維持します。
  12. 12) サプライヤーにも本規範の要求事項を伝え、遵守を監視します。

6.情報セキュリティ

  1. 1) 顧客からの預かり情報や機密情報は、保管場所や持ち出し方法の管理を適切に行い、外部に漏洩しないようにします。
  2. 2) 社内で使用するパソコンは、ネットワーク上の脅威に曝されない様に適切に管理します。

Recommendations

PAGE TOP