ニュースセンター | プレスリリース

TDK創立80周年スペシャル TDKオーケストラコンサート2016として「ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 来日公演 指揮:サイモン・ラトル」に特別協賛

2015年9月16日

TDK株式会社(代表取締役社長:上釜 健宏)は、「創造によって文化、産業に貢献する」という社是のもと、2001年より「TDKオーケストラコンサート」と称して、世界の著名オーケストラの日本公演に協賛しております。

2015年12月7日、TDKは創立80周年を迎えます。これを記念し、2016年5月開催予定の「ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団来日公演 指揮:サイモン・ラトル」へ特別協賛することに決定いたしました。当社のベルリン・フィルハーモニー管弦楽団来日公演への協賛は、2005年の来日公演から連続して5回目になります。

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団は1882年に設立された、世界最高峰の誉れ高いオーケストラです。常に世界トップクラスの奏者をそろえ、歴史と伝統を脈々と受け継いできました。また近年は、青少年に対する音楽活動についても楽団を挙げて行い、子供たちとのワークショップやダンスプロジェクトにも力を入れ、絶大な成功を収めていますが、このように新しいことを率先して行い、オーケストラの未来における在りようを示しています。

こうしたベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の、最高峰であり続けるために努力を惜しまず、歴史と伝統を受け継ぎつつ未来を切り開くために変革を続ける姿勢は、磁性技術を強みとして、未来を変えてしまうほどのテクノロジーを生み出しつづけ、そのDNAを受け継ぎ、技術で未来を変えようとする弊社の姿勢とも通ずるものを感じております。

今回の来日公演は、ベートーヴェン交響曲第1番から第9番までの交響曲ツィクルス(全曲演奏)という大変貴重で豪華なプログラムであり、弊社にとりましても80周年という節目にふさわしい記念すべきものとなります。例年以上に、多くの音楽ファン、音楽を学ぶ方々の注目を集めることと思います。

TDK 創立80周年スペシャル
TDKオーケストラコンサート2016
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 来日公演 指揮:サイモン・ラトル
公演日程
2016年5月11日(水) ベートーヴェン:交響曲第1番、第3番「英雄」
2016年5月12日(木) ベートーヴェン:序曲「レオノーレ」第1番、交響曲第2番、第5番「運命」
2016年5月13日(金) ベートーヴェン:交響曲第8番、第6番「田園」
2016年5月14日(土) ベートーヴェン:交響曲第4番、第7番
2016年5月15日(日) ベートーヴェン:交響曲第9番「合唱付き」

※すべてサントリーホール(東京)での公演

TDK株式会社について

TDK株式会社(本社:東京)は、各種エレクトロニクス機器において幅広く使われている電子材料の「フェライト」を事業化する目的で1935年に設立されました。
主な製品としては、各種受動部品(製品ブランドとしてはTDK、EPCOS)をはじめ、電源、HDDヘッドやマグネットなどの磁気応用製品、そしてエナジーデバイスやフラッシュメモリ応用デバイス等があります。アジア、ヨーロッパ、北米、南米に設計、製造、販売のネットワークを有し、現在、情報通信機器、コンシューマー製品、自動車、産業電子機器の分野において、電子部品のリーディングカンパニーを目指しビジネスを展開しています。
2015年3月期の売上は約1兆800億円で、従業員総数は全世界で約88,000人です。

  • ※ 主な製品は、コンデンサ(積層セラミックコンデンサ、アルミ電解コンデンサ、フィルムコンデンサ)、インダクタ、フェライトコア、高周波部品、センサ、ピエゾおよび保護部品等です。
報道関係者の問い合わせ先
担当者所属電話番号Email Address
大須賀 TDK株式会社
広報グループ
+81 3 6778-1055 pr@jp.tdk.com

Recommendations

PAGE TOP