ニュースセンター | プレスリリース

「トムソン・ロイター Top 100 グローバル・イノベーター 2014」 の受賞について

「トムソン・ロイター Top 100 グローバル・イノベーター 2014」 の受賞について

2015年1月20日

TDK株式会社(社長:上釜 健宏)は、このたびトムソン・ロイター(本社:米国ニューヨーク、日本オフィス:東京都港区)より同社が評価する「Top 100 グローバル・イノベーター 2014」に選出され、受賞いたしましたのでお知らせします。当社が選定されるのは、一昨年から連続し3度目になります。

本賞は、トムソン・ロイターが保有する特許データをもとに、知財・特許動向を分析し、特許出願だけでなく、世界規模で優れた発明を推進している企業や研究機関を「Top 100 グローバル・イノベーター」として選出するものです。選考に際する評価基準として、「特許数」、「成功率」、「グローバル性(特許ポートフォリオの世界的広がり)」「引用における特許の影響力」がベースとなっています。今回TDKでは、この4つの選考基準のうち特に「引用における特許の影響力」および「成功率」で高い評価をいただきました。

TDKは、各種エレクトロニクス機器において幅広く使われている電子材料の「フェライト」を事業化する目的で1935年に設立され、磁性材料を中心とした製品展開を、創業以来、継続しております。現在に至るまでに、様々な技術革新を実施してまいりました。今後も世界を視野に、受動部品事業を中心にビジネスを展開しているTDKの競争力の源泉の一つとして、さらに研究開発とともに知財戦略をより向上させていきたいと考えています。

TDK株式会社について

TDK株式会社(本社:東京)は、各種エレクトロニクス機器において幅広く使われている電子材料の「フェライト」を事業化する目的で1935年に設立されました。

主な製品としては、各種受動部品(製品ブランドとしてはTDK、EPCOS)をはじめ、電源、HDDヘッドやマグネットなどの磁気応用製品、そしてエナジーデバイスやフラッシュメモリ応用デバイス等があります。アジア、ヨーロッパ、北米、南米に設計、製造、販売のネットワークを有し、現在、情報通信機器、コンシューマー製品、自動車、産業電子機器の分野において、電子部品のリーディングカンパニーを目指しビジネスを展開しています。

2014年3月期の売上は約9,800億円で、従業員総数は全世界で約83,000人です。

  • ※ 主な製品は、コンデンサ(積層セラミックコンデンサ、アルミ電解コンデンサ、フィルムコンデンサ)、インダクタ、フェライトコア、高周波部品、センサ、ピエゾおよび保護部品等です。
報道関係者の問い合わせ先
担当者所属電話番号メール
大須賀 TDK株式会社
広報グループ
+81 3 6778-1055 pr@jp.tdk.com

Recommendations

PAGE TOP