ニュースセンター | プレスリリース

「Derwent Top 100 グローバル・イノベーター2018-19」の受賞について

「Derwent Top 100 グローバル・イノベーター2018-19」の受賞について
クラリベイト・アナリティクス・ジャパン取締役の棚橋佳子様とTDK株式会社執行役員の疋田理
クラリベイト・アナリティクス・ジャパン取締役の棚橋佳子様と
TDK株式会社執行役員の疋田理

2019年1月29日

TDK株式会社(社長:石黒 成直)は、このたびクラリベイト・アナリティクス(本社:米国フィラデルフィア、日本オフィス:東京都港区)より同社が評価する「Derwent Top 100 グローバル・イノベーター 2018-19」に選出され、受賞いたしましたのでお知らせします。当社が選定されるのは、2014年以来、5回目になります。

本賞は、クラリベイト・アナリティクスが保有する特許データをもとに、知財・特許動向を分析し、特許出願だけでなく、世界規模で優れた発明を推進している企業や研究機関を「Top 100 グローバル・イノベーター」として選出するものです。世界で最も革新的な企業を決定するために、全体の特許量(直近の5年間の最低100件の特許件数)、成功率、また、グローバル性(中国、欧州、日本、米国4つの主要市場に出願されたベーシック特許の件数)、および特許の影響力となる引用数など4つの選考基準があり、今回TDKでは、特に成功率とグローバル性が大きく向上した点で高い評価をいただきました。

TDKは1935年の創業以来、強みである材料技術、生産技術、プロセス技術を絶え間なく向上させることに専念してきました。コンデンサ、インダクタ、ピエゾ製品および保護デバイスなどの受動部品に加え、センサやエネルギーデバイスなどのカスタム製品を含め、広範な製品ポートフォリオを提供しています。 TDKが提供するソリューションは、IoT(Internet of Things)分野だけでなく、自動車や産業用電子機器を含む幅広いアプリケーションに使用されています。今後ともイノベーションの創出に挑戦する企業として、さらなる成長を続けてまいります。

詳細は同社ホームページよりご覧いただけます。
https://clarivate.jp/news-releases/2018-top-100/


TDK株式会社について

TDK株式会社(本社:東京)は、各種エレクトロニクス機器において幅広く使われている電子材料の「フェライト」を事業化する目的で1935年に設立されました。
主力製品は、積層セラミックコンデンサ、アルミ電解コンデンサ、フィルムコンデンサ、インダクタ、フェライトコア、高周波部品、ピエゾおよび保護部品等の各種受動部品をはじめ、温度、圧力、磁気、MEMSセンサなどのセンサおよびセンサシステムがあります。さらに、磁気ヘッドや電源、二次電池などです。これらの製品ブランドとしては、TDK、EPCOS、InvenSense、Micronas、Tronics、TDK-Lambdaがあります。
アジア、ヨーロッパ、北米、南米に設計、製造、販売のネットワークを有し、現在、情報通信機器、コンシューマー製品、自動車、産業電子機器の分野において、電子部品のリーディングカンパニーを目指しビジネスを展開しています。2018年3月期の売上は約1兆2000億円で、従業員総数は全世界で約103,000人です。

報道関係者の問い合わせ先

担当者 所属 電話番号 Email Address
大須賀 TDK株式会社
広報グループ
+81 3 6778-1055 pr@jp.tdk.com

Recommendations

PAGE TOP