ニュースセンター | プレスリリース

減損損失および子会社株式売却損の計上、
通期連結業績予想の修正に関するお知らせ

2020年3月25日

TDK株式会社(以下、「当社」)は、2020年3月期(2019年4月1日~2020年3月31日)第4四半期において、下記のとおり減損損失および子会社株式売却損を計上する見込みとなりました。また、最近の業績動向を踏まえ、2019年10月31日に公表しました2020年3月期の通期連結業績予想について下記のとおり修正いたしましたのでお知らせいたします。

  1. 減損損失および子会社株式売却損の計上について

    2020年3月期第4四半期において発生が見込まれる減損損失および子会社株式売却損は以下のとおりです。

    ※金額は概算

      連結 個別
    ①減損損失 175億円 115億円
    ②子会社株式売却損 88億円
    1. ① 減損損失(長期性資産の減損)
      自動車市場および産業機器市場における需要の低迷が長期化していることにより、短期的に収益の大幅回復が困難な状況と判断し、マグネットの製造設備等約135億円、アルミコンデンサの製造設備等約22億円の減損損失を計上する見込みです。さらに開発体制の見直しにより余剰設備約18億円の減損損失を計上する見込みです。
    2. ② 子会社株式売却損
      当社と連結子会社であるTDK Electronics AGは、当社の連結子会社であるTDK Europe GmbHの株式を、当社からTDK Electronics AGへ売却することについて合意し、2020年3月30日に本取引を実施予定で、この取引から特別損失を計上する見込みです。
      当社の2020年3月期の個別損益計算書において、子会社株式売却損として約88億円を、特別損失に計上する見込みです。
      なお、当該子会社株式売却損は、連結決算においては消去されるため、当社の2020年3月期の連結損益計算書における影響はありません。
  2. 通期連結業績予想の修正

    2020年3月期通期連結業績予想値の修正(2019年4月1日~2020年3月31日)

      売上高 営業利益 税引前
    当期純利益
    当社株主に
    帰属する
    当期純利益
    1株当たり
    当社株主に
    帰属する
    当期純利益
    前回発表予想(A) 百万円
    1,390,000
    百万円
    120,000
    百万円
    118,000
    百万円
    84,000
    円 銭
    665.06
    今回発表予想(B) 1,360,000 95,000 93,000 58,000 459.21
    増減額(B-A) △30,000 △25,000 △25,000 △26,000
    増減率(%) △2.2 △20.8 △21.2 △31.0
    (ご参考)前期実績
    (2019年3月期)
    1,381,806 107,823 115,554 82,205 651.02

    ※前回発表予想:2019年10月31日

  3. 修正の理由

    2020年3月期第4四半期において、新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、受動部品事業やエナジー応用製品事業等の当社グループ中国工場の操業度の低下や各事業における中国向け販売の減少等により連結業績に影響が出ております。このため売上高、営業利益、税引前当期純利益、当社株主に帰属する当期純利益を修正しております。また、上記1.①のとおり減損損失を計上することにより営業利益、税引前当期純利益、当社株主に帰属する当期純利益を修正しております。

    なお、2020年3月期の期末配当金につきましては、当初予定と変更ありません。

    • (注)上記の業績予想及び配当予想は、当社が現在入手している情報に基づき作成したものであり、実際の業績や配当額は様々な要因によって予想数値と異なる可能性があります。
以上

報道関係者の問い合わせ先

担当者 所属 電話番号 Email Address
熱海 TDK株式会社
広報グループ
+81 3 6778-1055 pr@jp.tdk.com

Recommendations

PAGE TOP