ニュースセンター | プレスリリース

2006年3月期(第110期)配当予想の修正に関するお知らせ

プレスリリースに記載の情報(製品価格、製品仕様、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更され、検索日と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。

2006年3月22日

TDK株式会社(社長:澤部 肇)は本日開催の取締役会において、2006年3月期の1株当たりの期末配当予想につきまして下記の通り修正することを決議しましたのでお知らせいたします。
なお、本件は2006年6月下旬開催予定の定時株主総会に付議する予定であります。

  1. 配当予想修正の理由

    当社は株主の皆様への利益還元を経営の重要課題の一つと位置付けており、配当については安定的な増加を念頭において行うことを基本方針としております。
    2006年3月期の1株当たり期末配当金につきましては、2005年10月31日発表時に40円を予定しておりましたが、1株当たり10円を増配し、50円に修正いたします。
    これにより、2005年12月に実施いたしました中間配当金を含めまして、年間配当金は1株当たり90円の予想となります。

  2. 修正の内容

    2006年3月期(2005年4月1日〜2006年3月31日)1株当たり配当金

      中間期 期末 年間
    前回予想
    (2005年10月31日 発表)
    40円 40円 80円
    今回修正予想 40円 50円 90円
    (ご参考)前期の1株当たり配当金実績 30円 40円 70円

    注)中間配当(1株当たり40円)は実施済であります。

    以上

本件に関するお問い合わせ

広報部 Tel. (03) 6778-1055

Recommendations

PAGE TOP