ニュースセンター | プレスリリース

田淵電機株式会社との資本業務提携に関するお知らせ

プレスリリースに記載の情報(製品価格、製品仕様、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更され、検索日と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。

2007年2月21日

TDK株式会社(社長:上釜 健宏、以下「TDK」)と田淵電機株式会社(社長:貝方士 利浩、本社:大阪市淀川区、以下「田淵電機」)は、本日開催したそれぞれの取締役会において、両社の業務における協力関係を強化すべく、資本業務提携に関する合意書を締結するとともに、同合意に基づく田淵電機からTDKに対する第三者割当による新株式発行を実施することを決議いたしましたので、お知らせいたします。


  1. 資本業務提携の背景と目的

    (1) 背景
    デジタル家電分野は世界のエレクトロニクス産業の成長・拡大を担う重要な市場として市場規模のみならず技術開発においても日々進展しております。そのデジタル家電製品におきまして電源製品は省エネルギー対応や省資源化、環境対応など、最終製品の付加価値向上にとってキー・デバイスとしてますます注目を浴びており、今後、市場拡大が期待される一方で新製品開発やコストダウン対応で事業環境が一層厳しくなると予想されています。

    (2) 目的
    電源製品にとりまして重要な構成部品であるフェライトコアなどの磁性製品やセラミックコンデンサやEMC対策部品などの受動部品におけるリーディング・カンパニーであり、産業機器向け電源製品のトップメーカーであるTDKグループと、高圧・高周波トランス技術に秀で民生用カスタム電源製品において業界トップクラスの田淵電機グループが技術提携を核とした業務提携を行うことにより、両社の企業価値向上と顧客への高付加価値製品のタイムリーなご提供が一層促進できると考えております。
  2. 提携内容の骨子
    (1)  民生用カスタム電源事業分野での相互事業推進のための設計開発・生産・資材調達における業務提携を行う。
    (2)  資材・購買に関する情報交換、両社製品の相互有効活用などの業務提携を行う。
    (3)  電源関連部品分野において、商品化等につながる双方の研究成果を有効活用するために、定期的な技術交流を行う。
  3. 資本提携の内容(第三者割当による新株式発行)
    ① 発行新株式数 普通株式 5,000,000株
    ② 発行価額 1株につき金162円
    ③ 発行価額の総額 810,000,000円
    ④ 資本組入額 1株につき金 81円
    ⑤ 申込期日 平成19年3月7日(水)
    ⑥ 払込期日 平成19年3月8日(木)
    ⑦ 新株券交付日 平成19年3月8日(木)
    ⑧ 割当先及び株式数 TDK株式会社 5,000,000株
  4. 田淵電機株式会社の概要
      (1)  おもな事業内容:電源ユニット、変成器、インバータ等の製造及び販売
      (2)  本社所在地:大阪府大阪市淀川区宮原四丁目2−21
      (3)  代表者:代表取締役社長 貝方士 利浩
      (4)  資本金:2,790,816千円
      (5)  従業員数:4,240名(連結ベース、平成18年9月末現在)
  5. 両社の業績に与える影響について
    両社にとりましては本合意書締結後の連結売上および連結純利益に与える影響は軽微であります。

以上

本件に関するお問い合わせ

広報部 Tel. (03) 6778-1055

Recommendations

PAGE TOP