ニュースセンター | プレスリリース

『CEATEC JAPAN 2008』TDKブースのご案内

プレスリリースに記載の情報(製品価格、製品仕様、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更され、検索日と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。

『CEATEC JAPAN 2008』TDKブースのご案内

2008年9月30日

TDKでは9月30日から10月4日まで幕張メッセで開催される『CEATEC JAPAN 2008』に出展します。

今回はブース全体のテーマを『素材で、プロセス技術で省エネを追求』とし、TDKが持つさまざまな要素技術を活かした省エネルギー、省資源への取り組みと、記録、通信、パワー及び各種小型電子部品の最新技術と製品をご紹介します。
ブース全体を「デモゾーン」「製品展示ゾーン」という2つのゾーンに分け、デモゾーンではTDKが持つエネルギー関連技術・製品を、また製品展示ゾーンでは、データの記録や無線通信、受動部品の小型化、エネルギー利用の効率化などの分野で、先進のソリューションをご提案できる新製品や、製品及び製造プロセスにおける環境保全への取り組みをご紹介いたします。

TDKブース各ゾーンに出展する主な製品・技術
  • 「デモゾーン」
    色素増感太陽電池、ジェネレータ、高効率DC-DCコンバータ、双方向コンバータおよび二次電池など、エネルギー関連技術と製品を、電気を「つくる」「ためる」「変換する」「使う」に分けて、TDKの技術と製品がどのようにエネルギー利用の効率化に貢献できるかを、具体的なデモンストレーションを中心にご紹介します。
  • 「製品展示ゾーン」
    ハードディスク用ヘッド、モバイル機器やデジタル家電で活躍するコンデンサやインダクタ、電源製品、高周波部品、ブルーレーザーディスク技術、SSD(ソリッドステートドライブ)、これまでに蓄積した技術を活かしたセンサや透明導電体などの新製品を展示します。また、製造現場におけるCO2削減、環境配慮型製品、有害物質の高効率分析技術など、地球環境改善への考え方と具体的活動をご紹介します。
ブース位置

電子部品・デバイス&装置ステージ/受動部品ゾーン/ホール6/6C140

本件に関するお問い合わせ

広報部 Tel. (03) 6778-1055

Recommendations

PAGE TOP