ニュースセンター | プレスリリース

TDK、ミュンヘン空港に企業広告をスタート

プレスリリースに記載の情報(製品価格、製品仕様、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更され、検索日と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。

TDK、ミュンヘン空港に企業広告をスタート

2010年9月30日

TDK株式会社(社長:上釜 健宏)は、2010年10月1日から、ドイツ・ミュンヘン空港第2ターミナルの大型広告ボードに、企業広告を掲出します。電子部品メーカーとしての企業広告を、空港などの屋外広告として展開するのは、ドイツでは初めてとなります。

今回の企業広告は、欧州地域におけるTDKグループの企業ブランド活動の一環となります。TDKの主力事業は、かつてはオーディオカセットテープやビデオテープ等の記録メディア製品でしたが、近年は電子部品へと転換しています。企業ブランド活動は、TDKの事業実態の正しい理解等を目的に行っており、既に8月には英国ロンドン・ピカデリーサーカスのネオン広告をLED化し、新しい企業広告を展開しております。

広告コピーは、TDKの創業理念や企業活動の源泉でもある「創造」をテーマにした「Powered by creativity」というキャッチフレーズと、現在の事業領域を示す「TDK. The electronic components company.」となっております。
メインビジュアルは、ビジネスマンが、熾烈なグローバル競争で直面する様々な障害や限界を、独自の創造力で飛び越え成功させていくという姿をイメージしたものとなっております。

TDKは、世界シェアNo.1のHDD用磁気ヘッドをはじめ、産業機器向け電源製品やフェライト製品、インダクタ製品等で世界トップレベルの電子部品メーカーです。今後もグローバルなマーケティング活動の一環として、企業ブランド活動を積極的に展開していく予定です。

【補足説明1】 広告ボードの概要
掲出場所: ミュンヘン空港ターミナル2
媒体概要: 電照式スチルボード、横長大型サイズ(幅8.2m×高さ1.8m)
【補足説明2】 TDKグループ 世界のネオン

TDKは、1990年代以降、世界の主要地域にランドマークとなる広告塔を掲出。現在は、北米地区「ニューヨーク:タイムズスクエア」、欧州地区「ロンドン:ピカデリ−サーカス広場」、アジア地区「東京:銀座4丁目交差点付近」、「中国:上海市内」で、企業ブランドの象徴であるTDKコーポレートマークの訴求を行っています。

本件に関するお問い合わせ

広報部 小暮  Tel. (03) 6778-1055

Recommendations

PAGE TOP