ニュースセンター | プレスリリース

コモンモードフィルタ:MIPIライン用の薄膜コモンモードフィルタの開発
(TDK-EPC株式会社)

プレスリリースに記載の情報(製品価格、製品仕様、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更され、検索日と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。

  • 業界初、ディファレンシャルモードのノイズ対策機能を追加
コモンモードフィルタ:MIPIライン用の薄膜コモンモードフィルタの開発

2011年10月4日

TDK株式会社のグループ会社であるTDK-EPC(社長:上釜健宏)は、高速差動伝送におけるコモンモードノイズ対策とGSM帯のディファレンシャルモードのノイズ対策機能を1つの部品で可能とした、業界初の薄膜コモンモードフィルタ(TCD0806B-350-2P)を開発し、2011年9月から量産を開始しました。

本新製品は、自社従来品(TCM0806G)と同サイズ(0.85×0.65×0.40mm)ですが、TDK独自の薄膜の回路形成技術、材料技術を生かし、従来コモンモードノイズ対策機能のみであったフィルタに、ディファレンシャルモードのノイズ対策機能を付加することに成功しました。

これにより、コモンモードノイズとGSM帯(800MHz帯)でのディファレンシャルモードノイズを同時に抑制することができ、スマートフォン、携帯電話等の受信感度の改善に大きな効果が得られます。本新製品に置き換えることにより、部品点数と実装面積の削減につながるとともに、モバイル機器等の更なる小型化にも貢献します。

本新製品のカットオフ周波数は、3.0GHzであり、コモンモードインピーダンスは35Ωtyp、定格電流は100mAです。

本新製品は、主にスマートフォン、携帯電話等のモバイル機器向けとして最適です。

※2011年10月、TDK調べ

用語集
  • MIPI:Mobile Industry Processor Interfaceのこと。「MIPIアライアンス」で進められているオープン標準規格
  • EMI: Electromagnetic Interference(電磁妨害)。主に電子機器から放射される不要輻射による障害のこと。外部からの侵入電磁波への耐性であるEMS(Electromagnetic Susceptibility)とあわせ、EMC(Electromagnetic Compatibility)対策のうちの1つ。
主な用途
  • モバイル機器等一般のコンシューマ製品における高速差動伝送のノイズ対策
主な機能と主な利点
  • 1部品でコモンモードノイズ対策とディファレンシャルモードノイズ対策が可能
  • 部品点数と実装面積の削減が可能
主要データ
製品名 TCD0806B-350-2P
コモンモードインピーダンス [Ω] 35Ωtyp.
カットオフ周波数 3.0GHz
定格電圧 10V
定格電流 100mA
サイズ [mm] 0.85 × 0.65 × 0.40 mm
生産・販売計画
  • サンプル価格 : 50円/個
  • 生産拠点   : 秋田地区
  • 生産予定   : 2000万個/月(当初)
  • 生産開始   : 2011年9月
TDK-EPC株式会社について

TDK-EPC株式会社(本社:東京)はTDKのグループ会社であり、TDKの基幹事業である電子部品部門と、ドイツのEPCOS社との統合で設立された電子部品の開発・製造・販売を担うリーディングカンパニーです。日本を始め、アジア、欧州、米国の各地域に事業の拠点があり、製品ブランドとしてTDKおよびEPCOS双方の製品を扱います。

主な営業品目は、コンデンサ(積層セラミックコンデンサ、アルミ電解コンデンサ、フィルムコンデンサ)、インダクタ、フェライトコア、高周波部品、センサ、ピエゾおよび保護部品等であり、 これらの幅広い製品群により、TDK-EPCは情報家電、通信機器、産業機器、車載機器等、 世界のあらゆる市場ニーズにお応えします。

ダウンロード
報道関係者のお問い合わせ
地域 担当者 所属 電話番号 メール
日本 大須賀 TDK株式会社
広報部
+81 3 6778-1055 pr@jp.tdk.com

Recommendations

PAGE TOP