サステナビリティ | TDKグループのサステナビリティ経営理念体系とサステナビリティ

事業を通じて創造するサステナブルな社会

私たちの社会にはさまざまな課題が存在します。TDKグループは事業を通じて社会課題を解決し、サステナブルな社会と企業の成長を両立していきたいと考えています。
TDKグループの従業員は「経営理念(社是・社訓)」を経営哲学とし日々の行動の価値基準としています。
「企業ビジョン(Vision2035)」は、経営理念のもと、TDKが100周年を見据えてこれから目指すべき姿を明文化したものであり、「行動指針」は、経営理念と企業ビジョンの実現に向け、役職に関わらず全従業員が体現すべき姿勢を表したものです。

その中で、3カ年計画である中期経営計画に掲げた目標達成を目指します。
また、TDKの強みである5つのコアテクノロジーを注力市場で発揮することが、社会課題の解決と企業の成長につながると考えています。
このように事業活動を通じて、TDKグループサステナビリティビジョンに掲げた社会を実現していきます。

TDKグループのサステナビリティと理念体系との関係

経営理念

1930年、東京工業大学の加藤与五郎博士と武井武博士は、鉄等の酸化物からなる一つの磁性セラミック化合物、「フェライト」を発明しました。
「独創性のある工業こそが真の工業だ」という加藤博士の言葉に強い印象を受けた初代社長齋藤憲三は「フェライト」を事業化するため、1935年12月7日に東京電気化学工業株式会社(現在のTDK) を設立しました。
当時は「フェライト」の応用は未知数で、創業は「夢」を追った「勇気」ある出発でした。そして、東京工業大学とTDKが研究開発を進めた結果、「フェライトコア」という部品として製品化され、1937年に世界に先駆けて日本の無線通信機やラジオなどに応用され、終戦までにのべ500万個が出荷される「信頼」を獲得したのです。
「世の中にまだ存在しない価値を素材のレベルから創り上げる」という創業時からの独創の精神は、TDKのDNAとして受け継がれています。1967年6月に制定された社是は、この創業の精神を反映したものです。

社是 創造によって文化、産業に貢献する 社訓 夢、勇気、信頼
  1. 夢:常に夢をもって前進しよう。夢のないところに、創造と建設は生まれない。
  2. 勇気:常に勇気をもって実行しよう。実行力は矛盾と対決し、それを克服するところから生まれる。
  3. 信頼:常に信頼を得るよう心掛けよう。信頼は誠実と奉仕の精神から生まれる。

企業ビジョン

企業ビジョンは、創業の目的と精神、過去の四大イノベーション、グローバル資源を活かした貢献、社是の実践について説明したものです。TDKが何を目指しているのか、TDKのビジョンを過去、現在、未来の視点から示すとともに、2035年の100周年に向けて、会社の進むべき方向を表しています。

Vision2035

TDK は1935 年、「日本独自の磁性材料フェライトを工業化し、社会の発展に貢献したい」という創業者の夢と信念から発祥した会社です。
これまで世界に誇る四大イノベーション(フェライト素材・磁気テープ・積層部品・磁気ヘッド)を確立し、社会の発展を支える製品を創造し続けてきました。
これからも、さらなるイノベーションの創出に挑戦する企業として、多種多様なグローバル経営資源を活かし、高品質な製品・サービスの提供を通してお客様の価値創造に貢献し続けます。
「かけがえのない地球環境の再生・保護と、豊かで安心できる暮らしの実現」、このテーマに真正面から取り組むことで、「創造によって文化、産業に貢献する」を着実に果たしてまいります。

行動指針

行動指針は、4つのカテゴリーからなり、TDKがこれまで築き上げてきた良き風土を礎として、その可能性や展開を具体的に語ったものです。TDKグループ全員が共有し実践していきます。

カテゴリ 行動指針
お客様視点 私たちにはある。
- お客様の理想実現に役立とうとする強い意志。
- 常にお客様に信頼される存在でありたいという熱意。
だから私たちにはできる。
- 感動を提供するための、お客様の立場にたった行動。
- お客様を満足させられるサービス・品質・技術を提供するための妥協なき行動。
挑戦 私たちにはある。
- 動いた結果の失敗を成長の糧とする風土。
- 困難を乗り越えて最後までやり抜こうとする意欲。
だから私たちにはできる。
- 今に留まることなく新しい価値を生み出す挑戦。
- 周囲を共感させ、巻き込んで動かす行動。
成長 私たちにはある。
- 常に自分自身の成長を求め続ける向上心。
- 社会の発展、企業の成長へ自ら積極的に寄与する意欲。
だから私たちにはできる。
- 常に"夢・ありたい姿"を思い描き、実現のための努力を続けること。
- 部下/後輩/同僚の成長を積極的に支援し、活力に満ちたチームを築き上げること。
多様性の尊重 私たちにはある。
- 世界中に持つ多様な文化と人財。
- 常に仲間を尊重し、互いに高めあう積極的なチームワーク。
だから私たちにはできる。
- 異なる考え方にこそ価値を認めること。
- 組織や個人間の対立を恐れず、誠意をもって意見をぶつけ合うこと。

企業倫理綱領

「TDK企業倫理綱領」において、TDKグループおよびそれを構成する役員、従業員が、法令はもとより社会的規範などを遵守するための具体的な行動指針を定めています。
この中で、TDKグループが共通して実践すべき事項を「TDK企業行動憲章」として制定しています。

Recommendations

PAGE TOP