TDK
編集方針
コーポレート編
環境編
環境方針(TDK環境憲章)
環境ビジョン(TDK環境活動2010)
TDKの環境推進体制
目標と実績
環境マネジメントシステムの向上
環境会計
環境リスク管理・遵法
温暖化対策
排出物対策
環境配慮型製品の創出推進
TDKの環境配慮型製品
社会編
データ編
サイトレポート
CSR Report 2006 CSR Report 2006
back next
環境編

環境方針(TDK環境憲章)

TDK環境憲章
この環境憲章は、全世界のTDKグループ各組織に適用する。
環境基本理念
TDKグループは、社会の持続可能な発展のために、地球環境との共生が重要な経営課題の一つと認識し、その実現に向けた行動を、あらゆる事業活動の中で、全員で実行する。
環境方針
TDKグループは、『環境基本理念』に基づき、より健全な地球環境を次世代に継承するために、迅速かつ効果的な環境保全活動を、全員参加で推進する。
1. 環境活動を推進するための体制整備と責任所在の明確化を図るとともに、経営層はこの方針を実現するために必要な経営資源の提供を行う。
2. ライフサイクルに配慮した製品及びサービスの創出と市場への供給を通じて、社会に貢献する。
3. それぞれの地域における環境関連の法規及びその他の同意事項を遵守するとともに、法規制値遵守や化学物質管理のために必要な自主基準を設定し、管理水準の向上を図る。
4. 環境マネジメントシステムを効果的に機能させ、環境方針を実現するために、環境目的・目標を設定、実行し、継続的な環境負荷低減と汚染の予防を図る。
5. 環境に関する定期的な監査を実施し、環境マネジメントシステム及び関連するパフォーマンスの継続的改善を行う。
6. 環境活動に関する情報を開示し、地域・社会とのコミュニケーションを図る。
7. 行政や地域社会などの環境に関する活動に積極的に参画する。
8. 環境方針、環境目的・目標及び環境マネジメントシステムは、定期的かつ必要に応じ見直す。
〜この環境憲章は、必要に応じ、どなたにでも提供いたします。〜
1993年3月1日 制定
2006年9月1日 改定(第4版)

back
Copyright(c) 2006 TDK Corporation. All rights reserved.