TDK
編集方針
コーポレート編
環境編
環境方針(TDK環境憲章)
環境ビジョン(TDK環境活動2010)
TDKの環境推進体制
目標と実績
環境マネジメントシステムの向上
環境会計
環境リスク管理・遵法
温暖化対策
排出物対策
環境配慮型製品の創出推進
TDKの環境配慮型製品
社会編
データ編
サイトレポート
CSR Report 2006 CSR Report 2006
back next
環境編

環境会計

当社では、従来から環境保全に関わる費用と環境負荷の把握を行っておりましたが、この両者の関連を明確にし、より効果的な環境対策を推進する目的で、2001年度より国内対象全事業所で環境会計を導入しております。

2005年度の集計結果
2005年度の集計結果をPDFでご覧いただけます。
(PDF:16KB)

環境効率について
当社では、企業活動に起因する環境負荷を統合的に示す尺度として、「法規制管理効率」「温暖化防止効率」「資源循環効率」「化学物質排出対策効率」の四つの指標を定義しております。これらの指標は、対策をどれだけ効率的に実施しているかを示す指標です。その定義は、以下に掲載のPDFの通りです。
環境効率算出基準をPDFでご覧いただけます。
(PDF:8KB)

2005年度集計結果について
設備投資額は、製造拠点の移転、統合による設備投資のため、前年度186百万円から269百万円に増加しました。
環境保全維持管理費は、前年度とほぼ同額となりました。
資源循環効率は、社外リサイクル維持管理費が増加したため、前年度の24.365から20.875へ悪化しました。
化学物質排出効率は、排出削減量がほぼ倍となったことにより、前年度の4.076から9.185へ改善しました。

Get Adobe Reader PDFの閲覧には Acrobat Reader(日本語版)をご利用ください。

back
Copyright(c) 2006 TDK Corporation. All rights reserved.