TDK
編集方針
コーポレート編
環境編
環境方針(TDK環境憲章)
環境ビジョン(TDK環境活動2010)
TDKの環境推進体制
目標と実績
環境マネジメントシステムの向上
環境会計
環境リスク管理・遵法
温暖化対策
排出物対策
環境配慮型製品の創出推進
TDKの環境配慮型製品
社会編
データ編
サイトレポート
CSR Report 2006 CSR Report 2006
back next
環境編

環境リスク管理・遵法

土壌汚染、VOCリスクの管理

当社では、2004年度に環境リスク管理運用要領を制定し、工場敷地の土壌汚染発生リスクの評価基準と管理手法を確立しました。その結果、土壌汚染予防策の優先順位が明確になりました。
2005年度は、VOC※に関する評価基準を追加し、2006年4月より施行開始されるVOC排出規制(改正大気汚染防止法)に適確に対応するとともに、効果的な環境リスク管理に繋げています。


※ VOC(Volatile Organic Compounds):揮発性有機化合物


土壌・地下水問題への対応
当社では、事業再編による工場閉鎖や敷地移転した事業所の土壌・地下水調査を行い、汚染のあった事業所に関して浄化対策を実施してまいりました。
2005年度は1件の修復を完了し、現在1件を修復中です。
土壌修復実績はこちらをご覧ください。

PCBの適正処理
当社では、電力用コンデンサ78台、蛍光灯安定器150台を、廃棄物処理法に準拠して保管・管理を続けています。PCB廃棄物処理が本格化するのを受け、適正処分に向けての取り組みを開始し、順次処分登録を行っています。

法規制の遵守
当社では大気や水質などの法規制に対して、規制値よりも厳しい自主基準を設定し、その基準を超過した場合には至急対策を講じております。
2005年度は、水質に関して法規制値超過が1件発生したため、行政へ報告を行うとともに、迅速に対策を実施して外部への影響を最小限にとどめ、その後徹底した再発防止策を講じました。また、自主基準値超過が1件ありましたが、同様に徹底した再発防止策を講じ、現在は自主基準値の超過はありません。

PRTR法対象物質の2005年度実績
当社では、当初PRTR法対象物質の排出量を2005年度までに1997年度比で20%削減することを目標としていましたが、2001年度に1997年度比60%削減と大幅な達成をみたことから、「TDK環境活動2010」で目標の見直しを行い、2010年3月までに2002年度比30%削減の目標を掲げ取り組んで来ました。
以下に、1997年度からのPRTR法対象物質の化学物質排出量の推移と2005年度のPRTR集計結果を示します。2005年度の排出量は、増産の影響を受け501.9トンで、前年度比12.3%増、2002年度比11.3%増となりました。今後は、「TDK環境活動2015」に活動をシフトし、排出量の大半を占めるVOCの大気放出量を重点的に削減することを目標とします。


※PRTR法:特定化学物質の環境への排出量の把握等及び管理の改善の促進に関する法律
PRTR法対象化学物質排出量の推移
(TDK本体および国内連結会社の生産拠点、開発拠点における実績集計)
PRTR法対象化学物質排出量の推移
TDKの2005年度PRTR対象物質
(TDK本体および国内連結会社の生産拠点、開発拠点における実績集計)
化学物質名 取扱量 排出量 移動量 リサイクル※
大気 公共用水 土壌 事業所内
埋立
廃棄物 下水道
直鎖アルキルベンゼンスルホン酸及びその塩(アルキル基の炭素数が10から14までのもの及びその混合物に限る) 1.6
0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 1.6
アンチモン及びその化合物 5.1 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.2
4,4’−イソプロピリデンジフェノールと1−クロロ−2,3−エポキシプロパンの重縮合物 (液状のものに限る) 37.8 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 1.2
エチルベンゼン 8.1 2.1 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.8
エチレングリコール 5.8 1.5 1.8 0.0 0.0 0.0 0.0 0.5
1−オクタノール 1.5 0.5 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0
キシレン 95.9 20.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 19.0
銀及びそのその水溶性化合物 16.6 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 1.5
クロム及び3価クロム化合物 1.2 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.1
コバルト及びその化合物 257.7 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 119.0
ジクロロメタン 2.6 1.3 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 1.3
テトラヒドロメチル無水フタル酸 24.3 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.8
銅水溶性塩(錯塩を除く) 62.3 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 7.7
1,3,5−トリメチルベンゼン 2.3 1.2 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.3
トルエン 2140.4 437.5 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 1223.5
鉛及びその化合物 114.8 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 4.2
ニッケル 394.7 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 21.7
ニッケル化合物 295.2 0.0 0.5 0.0 0.0 0.0 0.0 24.0
ヒドラジン 23.5 1.2 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 2.4
フェノール 3.4 0.4 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 3.0
フタル酸ジ−n−ブチル 5.4 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.2
フタル酸ビス(2−エチルヘキシル) 3.8 2.6 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 1.1
フタル酸n−ブチル=ベンジル 52.3 31.3 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 6.0
ほう素及びその化合物 26.2 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 1.4
マンガン及びその化合物 1472.5 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 17.5
モリブデン及びその化合物 5.4 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 5.4
5060.5 499.5 2.4 0.0 0.0 0.0 0.0 1464.2
※リサイクルには、有償リサイクルのほか、無償リサイクル、および逆有償リサイクルを含みます。

back
Copyright(c) 2006 TDK Corporation. All rights reserved.