TDKを理解する ~TDKの持続性ある企業価値創造ストーリー~TDKのDNA/TDKの強み

磨き抜いてきた

磁性技術

“80年を超える歴史を磁性とともに”
磁性材料「フェライト」は、東京工業大学の加藤与五郎博士と武井武博士による日本のオリジナルな発明です。最先端エレクトロニクス機器の重要な磁性材料として、現在でも広く社会に貢献し続け、2009年には「IEEEマイルストーン」にも認定されています。TDKは、この歴史的発明を原点とし、一貫して「磁性技術」を磨き続けながら80年を超える歴史を歩んできました。

守り抜いてきた

独創の精神

“世の中にまだ存在しない価値を素材のレベルから創り上げる”
「フェライト」の工業化を目的として1935年に設立されたのが、東京電気化学工業(現TDK)です。加藤博士の「日本人による独創性のある工業を育てなければならない」という言葉に共鳴し、「フェライトコア」の製品化に成功したのが初代社長の齋藤憲三です。「世の中にまだ存在しない価値を素材レベルから創り上げる」という彼の理念は、今もTDKに受け継がれています。

MILESTONE

イノベーションと
自己変革を推進力に

TDKは、「磁性技術」を中核に据え、「独創の精神」を発揮しながら数々の世界的イノベーションを生み出してきました。80年を超える歴史の中で繰り返してきた既存製品の「継続的なイノベーション」と、非中核事業からの戦略的撤退と事業ポートフォリオの適正化による「非連続なイノベーション」が、これからも当社の持続的な発展の推進力であり続けます。

磁性技術 独創の精神

変革をドライブするイノベーション

受動部品の
継続的イノベーション

1980年に世界に先駆けて開発した、ファイン積層テクノロジーを駆使した積層チップインダクタは、電子機器の小型化・薄型化に大きく貢献しました。こうした受動部品などの既存製品における継続的なイノベーションは、TDKの持続的成長の原動力の一つです。

磁性を中核に据えた
非連続なイノベーション

主力製品が好調なうちに、長期的な技術トレンドを予想しながら将来の柱となる事業を育て、主力事業を大胆に入れ替えていく「非連続なイノベーション」も、当社の持続的成長の図式です。驚異的な高記録密度化を実現したHDD用磁気ヘッドはその一例です。

INNOVATION PROCESS

5つの競争優位性で持続的な企業価値拡大を実現

素材・プロセス技術、顧客基盤、多様性の強さ、グローバル事業基盤、一貫生産などの競争優位性は、TDKの成長の基盤です。長年培ってきた磁性技術にしっかりと立脚したこれらの競争優位性のシナジーは、「見えざる強み」として持続的な企業価値の拡大を担保しています。

磁性技術 独創の精神

1素材・プロセス技術

「ブラックボックス化」により模倣を防ぐ

複雑な配合や添加物の制御などの高度なノウハウにより、製品に必要とされる特性を引き出す素材技術。素材の特性を最大限に引き出すとともに、製品の応用範囲を拡大するプロセス技術。これらは原子レベルで結晶粒子を制御する技術力や知的財産、ノウハウの「ブラックボックス化」などにより、一朝一夕に模倣することは困難です。

2顧客基盤

長期的な視座での投資を可能にする

当社は、自動車市場、 ICT市場、産業機器・エネルギー市場などで顧客企業と強固な関係を構築しています。こうした競争優位性は、将来の技術動向の変化をより正確に見通すことを可能にし、積極的な研究開発投資や設備投資にかかるリスクも低減します。

3多様性の強さ

対等の精神がM&Aを成功に導く

当社は、買収先企業を「支配」するのではなくパートナーと位置付け、対等の関係性を構築してきました。長年のM&Aの経験で培ってきたこうしたPMI(Post Merger Integration)ノウハウが、事業ポートフォリオシフトの成功の確立を高める強力な武器になっています。

4グローバル事業基盤

9割超を海外で販売

当社は、1960年代からグローバル化を本格的に開始し、海外現地生産や技術サポート体制を拡充させ、海外メーカーとの取引を拡大させてきました。海外生産、海外売上高比率が約9割に達しているグローバル事業基盤は、世界的に広がりが予想されるIoTマーケットの商機を確実に掴む競争優位性になります。

5一貫生産

IoT時代の強力な競争優位性

素材から製品化をすべて自社で行う一貫生産は、モノづくりの熟度を高めることができ、IoTとロボットの導入による生産性の向上を実現できます。品質管理も自社で完結できるため、たとえば自動車やロボットなど、IoTマーケットにおいて特に高い品質が求められる領域での競争優位性になります。

本荘工場東サイト

建設地:秋田県由利本荘市
万願寺1-8
延床面積:約50,000
平方メートル
建物の構造:2階建て
主な事業:高周波部品、
ピエゾ部品など電子部品の
開発、設計および製造

イノベーションの創出と
長期的価値創造を
支える競争優位性

フェライトを起点とし、競争優位性の研鑽と発揮を通じてイノベーションの可能性を
無限に広げてきたTDKは、現在も新たなビジネスイノベーションに挑んでいます。

画像を拡大する

PDFでは「TDKを理解する」の全文がご覧いただけます。

TDKを理解する