TDKの将来戦略戦略と現場の連動

成長戦略の着実な遂行を確実に収益性向上と企業価値向上につなげるために、成長戦略の現場への浸透を推し進めています。導入を進めている業績管理フレームワークは、事業部門や現場ごとにKPIを設定し、新たなビジネスモデルのカギを握る「ビジネスのスピード」を加速し、その積み重ねによって、全社収益性の向上していくことを狙いとしています。事業資産の効率性評価や独自の業績評価指標であるTVA(TDK Value Added)による設備投資など、投資の効率性も一層厳しくモニタリングしていくことで、全社の資本効率の向上につなげていきます。

現場の施策が資本効率の向上につながる仕組みを構築

「非付加価値時間」の削減による
ビジネススピードの加速

当社では、①いち早いスタート、②製造現場であれば「生産していない時間」に相当する「非付加価値時間」の削減、③仕事サイクルの短縮を柱に、リードタイムの削減を進めています。現場主導でさまざまなプロジェクトが進んでおり、ある工場では、計画、手配の段階から材料調達、製造までのリードタイムの半減に取り組んでいます。成功体験の共有によって、全員参加でビジネスのスピードを加速していきます。

「非付加価値時間」の削減による
ビジネススピードの加速

当社では、①いち早いスタート、②製造現場であれば「生産していない時間」に相当する「非付加価値時間」の削減、③仕事サイクルの短縮を柱に、リードタイムの削減を進めています。現場主導でさまざまなプロジェクトが進んでおり、ある工場では、計画、手配の段階から材料調達、製造までのリードタイムの半減に取り組んでいます。成功体験の共有によって、全員参加でビジネスのスピードを加速していきます。

PDFでは「TDKの将来戦略を理解する」の全文がご覧いただけます。

TDKの将来戦略