コンデンサ・ワールド

第3回 電子回路の隠れた主役 コンデンサの機能(2)「直流を通さず交流を通す」

過去の記事を整理・一部リライトして再掲載したものです。 古い技術情報や、 現在、TDKで扱っていない製品情報なども含まれています。

コンデンサには電荷を蓄えるという性質とともに、直流を通さず交流を通すという重要な機能があり、電子回路ではさまざまなかたちで利用されています。電子機器に誤動作などを起こすノイズの多くは、周波数の高い交流成分。コンデンサはノイズ対策部品としても不可欠の電子部品です。
コンデンサは絶縁体(空気や誘電体)によって極板が隔てられた構造となっています。直流電流を通さないのはわかりますが、では、交流電流を通すのはなぜでしょうか?

コンデンサの誘電体(絶縁体)に電流は流れるのか?

コンデンサは直流電流を遮断することは容易に理解できます。たとえば直流電源の乾電池にコンデンサをつなぐと、一瞬電流が流れ、すぐに電流は流れなくなってしまいます。 直流電源によってコンデンサの静電容量いっぱいに電荷を蓄えられると、コンデンサには直流電流が流れなくなるのです。コンデンサの電極板は絶縁体(空気や誘電体)によって隔てられているので、絶縁破壊が起こらないかぎりコンデンサ内部に直流電流が流れることはありません。つまり、コンデンサは直流電流を遮断します。それでは、なぜコンデンサは交流電源を通すことになるのでしょうか?

PAGE TOP