エレクトロニクス入門

インダクタ編 No.1「インダクタの基礎知識①」

過去の記事を整理・一部リライトして再掲載したものです。 古い技術情報や、 現在、TDKで扱っていない製品情報なども含まれています。

インダクタ(コイル)は、抵抗、コンデンサとともに3大受動部品と呼ばれる電子部品です。電流に対してコイルが示す特性を利用して、電源回路や一般信号回路、高周波回路などで重要なはたらきを担っています。

電流の磁気作用とコイル

電流は磁界をつくり、周囲に磁気作用を及ぼします。1820年、エルステッドによって発見された「電流の磁気作用」です。これにより、電流が同方向に流れる平行導線は互いに吸引しあい、電流が逆方向に流れる平行導線は互いに反発しあいます。この力の大きさを測定するため、アンペールは導線を枠状(角型)にして吊るした装置を製作しました。さらに、アンペールは導線を円筒状に巻いたコイルをつくり、これをソレノイドと呼びました。これがアンテナコイルなどに用いられるソレノイドコイルのルーツです。電流の流れるソレノイドコイルは磁石と同じ性質を示すことも、このころ発見されました。

< 電流がつくる磁界と右ねじの法則 >

磁力線の方向は「右ねじの法則」で決まります。すなわち、右ねじの進む方向と回転方向は、それぞれ電流方向と磁力線の方向となります。

< 平行導線に加わる力 >

平行導線に流れる電流が同方向の場合、導線の間には吸引力が作用し、逆方向の場合は反発力が作用します。

< コイルと磁力線 >

コイルに電流を流すと、磁力線は合成されて、コイル内部を貫通するようになります。

< 右手親指の法則 >

右手を利用して、電流や磁力線の方向を簡単に知る方法。

PAGE TOP