なるほどノイズ(EMC)入門

第3回 アースとグラウンドの区別が重要

過去の記事を整理・一部リライトして再掲載したものです。 古い技術情報や、 現在、TDKで扱っていない製品情報なども含まれています。

電子機器にトラブルを引き起こすノイズは、信号と同じ電気エネルギー。電気通信はこのやっかいなノイズとの格闘の歴史でした。しかし、ノイズ問題と真正面に取り組むことから、さまざまな有用技術が生まれてきたのも事実です。いつでも、どこでも、誰とでもコミュニケーション可能なユビキタス社会も、ノイズ対策の技術なしには成立しません。

レーダ以前の航空機探知技術

携帯電話のホイップアンテナが比較的短くてすむのは、波長の短いマイクロ波を利用しているからです。最近では機器内部にコンパクトに格納できる小型チップアンテナも使われるようになっています。
20世紀初頭の無線通信では、長波〜中波の電波が使われていました。また、当時は受信機の感度が低かったため、長さ数100mから1kmにも及ぶアンテナを、地上から100m以上の高さに張っていました。このような長大なアンテナは遠くからも目立ちます。戦時となれば無線通信は軍事の生命線。このため第1次大戦中のヨーロッパでは、無線通信用アンテナが真っ先に攻撃の対象にされました。

20世紀の電気通信技術史に名を残すアメリカの電気工学者E・H・アームストロングは、第1次大戦中は通信部隊の将校としてヨーロッパ戦線に従軍していました。大事な通信用アンテナを守るため、彼は敵機の襲来を予知するための妙案を思いつきました。マルコーニの初期の無線通信は、放電火花が発生するノイズ電波を利用したものであることは前にもご紹介しました。飛行機エンジンの点火プラグもまた放電火花によるノイズ電波を発生します。これを受信すれば敵機の接近を知ることができると彼は考えたのです。
しかし、遠方の飛行機から放射されるノイズは微弱な高周波です。そこで、彼は受信した高周波のノイズ電波を低い周波数に変換・増幅してから検波する方法を発明しました。これがのちにラジオやテレビなどにも利用されるようになったスーパーヘテロダイン方式です。

PAGE TOP