なるほどノイズ(EMC)入門2

第11回 電波暗室とEMC対策

過去の記事を整理・一部リライトして再掲載したものです。 古い技術情報や、 現在、TDKで扱っていない製品情報なども含まれています。

電波エンジニアリングと次世代の電波暗室

周辺に電磁ノイズの影響を及ぼさず、自らも周辺からの電磁ノイズの影響を受けないEMC対策が、電気・電子機器の設計・開発段階から強く求められるようになっています。 EMC測定にはすぐれたトレーサビリティや再現性をもつ高性能の電波暗室が何よりも重要です。
いまや電波暗室は単なる測定ツールではなく、強力な開発ツールへと進化を遂げています。

ますます重要性を増している電波暗室

私たちの身近には、電気・電子機器や無線機器、情報通信システムなど、多くの電磁波発生源が存在し、さまざまな電磁波を放射しています。これらの機器から発生する電磁波(または電磁ノイズ)は、周辺の機器に影響を及ぼす可能性があり、また、機器自体も周辺の機器から影響を受けます。ここにおいて、「外部に電磁ノイズを出さない」というエミッション問題(EMI:Electro Magnetic Interference)と、「外部からの電磁ノイズによって影響を受けない」というイミュニティ問題(EMS:Electro Magnetic Susceptibility)を両立させるのがEMC(Electro Magnetic Compatibility)対策。多種多様な電気・電子機器や無線機器、情報通信システムを共存させるために、周辺に影響を及ぼさず、自らも周辺から影響を受けないEMC対策が、さまざまな機器の製品設計・開発段階から強く求められています。
電子機器から放射されている電磁ノイズの電界強度は、屋外のオープンサイト(OATS:Open Area Test Site)での測定が基準とされています。しかし、屋外の測定は風雨などの天候に左右されやすく、周囲から到来する電波の影響を受けやすいのが難点。また、イミュニティ試験ではきわめて強い電界が照射されるため、電波法などの関係により、屋外のOATSでは実施できません。そこで、電波暗室は、こうした測定・試験を高信頼性かつ効率的におこなう施設としてますます重要となっています。

PAGE TOP