パワーエレクトロニクス・ワールド

第6回 さらなる高効率化を目指す電源技術の最前線

過去の記事を整理・一部リライトして再掲載したものです。 古い技術情報や、 現在、TDKで扱っていない製品情報なども含まれています。

リニア方式からスイッチング方式へとシフトしたことにより、電源は革命的な高効率化と小型・軽量化を実現しました。スイッチング方式の電源の進化は今なお続いています。パワーエレクトロニクスは損失(発熱ロス)との闘い。損失の低減によるさらなる高効率化を目指して、搭載部品や回路には、さまざまな技術と工夫が投入されています。

スイッチング電源の損失はどこで生まれるか?

電子機器の電源として使われるAC-DCスイッチング電源は、100Vの商用交流から直流を得るAC-DCフロントエンド(整流平滑回路)と、得られた直流を必要な電圧に変換するDC-DCコンバータ部(安定化回路を含む)からなります。リニア方式よりも格段に高効率とはいえ、 AC-DCスイッチング電源の効率は一般に80%前後にとどまっています。個々の回路部品の損失は、通常1%弱〜数%程度ですが、それらが集まりトータル効率は80%前後となるわけです。
一般的なAC-DCスイッチング電源を例にあげれば、損失が大きいのは半導体素子とトランスです。スイッチング方式は、100Vの交流をまずダイオード(ブリッジ整流器など)で整流します。ここで約2%の損失が発生し、整流後の平滑コンデンサでも0.5%程度の損失が発生します。
整流平滑して得られた直流は、スイッチング素子によってパルス化され、高周波トランスによって電圧変換されます。スイッチング素子としてはパワートランジスタよりも抵抗の小さなパワーMOSFETが使われるようになりましたが、大電流が流れるために、ここでも約2%の損失が発生します。
トランスも損失の大きな部品です。高周波のパルス電流がコイルに流れるたびに、コア内部では急激な磁束変化が起きます。トランスのコア材としてフェライトが使われるのは、鉄系のコア材は高周波領域では渦電流損失により発熱が大きくなって使用できないからです(電磁調理器で鉄鍋が発熱するのと同じ原理です)。しかし、フェライトは高周波損失が少ないとはいえ、2%程度のエネルギーがコアロスとして奪われるため、できるだけコアロスの小さなフェライト材が求められます。また、コアロスを小さくすることは高効率化とともに、トランスの小型・軽量化にもつながります。フェライトの特性は周波数や温度によっても変化するので、適切なフェライト材の開発も重要です。ここにも長年にわたり蓄積したTDKのフェライト技術が生かされています。DC-DCコンバータ部でも半導体素子や平滑コンデンサ、制御ICなどで損失が発生します。

PAGE TOP