パワーエレクトロニクス・ワールド

第8回 環境にやさしく小型・軽量、UPSはリチウム電池時代

過去の記事を整理・一部リライトして再掲載したものです。 古い技術情報や、 現在、TDKで扱っていない製品情報なども含まれています。

電子レンジや電熱器、掃除機など、多数の電気器具を同時使用してブレーカが落ち、入力中のパソコンのデータが消えてしまった。といった経験のある人は多いはず。落雷や電線事故などにより、突然の停電に見舞われても同様の事態が発生します。オフィスビルや地域全体では、たとえ瞬時の停電でもその影響ははかりしれません。こうしたさまざまな電源トラブルにも、すばやくバックアップして電力供給するのがUPS(無停電電源装置:Uninterruptible Power Supply)です。

容量とバックアップ時間を考慮して機種選定

かたときも休むことのない現代社会にとって、電力は血液のようなものであり、停電は血液補給が途絶えるのと同じ事態。コンピュータによるネットワーク化が進んでいる今日では、社会の神経系統までマヒしてしまいます。UPSは停電などの電源トラブルに対して、充電した大容量バッテリから電力を供給し、パソコン、サーバなどのダウンを防ぐ装置です。
UPSは容量やバックアップ時間、方式、形状などにより各種タイプがあります。ひとくちに自動車といっても、軽・普通・大型乗用車からマイクロバス、大型バスまで、さまざまあるのと同じです。UPSを導入するときは、まずバックアップしたい機器の電源容量や必要なバックアップ時間(30分、60分、2.5時間、3時間など)を考慮しておく必要があります。
およその目安として、ホームシステムでは数10W〜数100W程度。IP電話やテレビドアホンだけがバックアップできればよいというパーソナルユースには、容量50W・バックアップ時間が30分でリチウムイオン電池を利用した軽量・コンパクトなUPSもあります。 SOHOや小規模オフィスなどで、複数のパソコンやサーバネットワークシステムをカバーする場合は、1000W前後からそれ以上というところです。形状には据え置き型ほか、増設にも省スペースで対応できるラックマウント型、キャスターの付いたフロアマウント型などがあります。
大規模オフィス、通信施設、公共施設、金融機関、病院などでは三相200V入力の大型(容量10kVA〜1000kVA)の据付型のUPSが用いられます。多数のバッテリを内蔵するため重量は増し、形状も自動販売機なみに大きくなります。停電がバックアップ時間を超えた場合に備えて、ディーゼルエンジンなどによる非常用発電装置が接続されたりもします。

PAGE TOP