皆様からのご意見・ご要望を募集中!
サイトの品質向上のため、アンケートにご協力をお願いします。
(所要時間:3分程度)

アンケートに答える

後で回答する

回答しない

TDK
Tech-Mag TDK Techno Magazine 〜テクマグ〜
サイト内検索
メールマガジン登録個人情報保護基本方針
home
電気と磁気の?館
じしゃく忍法帳
フェライト・ワールド
column
テクの雑学
アースサイエンス&TDKテクノロジー
パワーエレクトロニクス・ワールド
コンデンサ・ワールド
なるほどノイズ(EMC)入門2
なるほどノイズ(EMC)入門1
過去の読み物

TDKホームページ
 トップページテクの雑学 > 第138回 TVと連動して、常に進化しつづける周辺機器の配線
テクの雑学

第138回 TVと連動して、常に進化しつづける周辺機器の配線

高画質を可能にしたコンポーネント信号
 もう少し時代が下ると、映像信号を輝度(Y)、青の色差(U)、赤の色差(V)の3つに分解することで、画質をより鮮明にする「コンポーネント信号」入出力端子が登場し、TV側もビデオデッキ側も対応製品が出回るようになります。コンポジット映像信号では、色信号と輝度信号が複合されているので、どちらか一方だけを変化させることはできません。しかし、人間の目は色よりも明るさの変化に対して敏感に反応することから、色信号と輝度信号を分離し、さらに輝度信号の帯域幅を大きめに取って変化の幅を広くしておくことで、画質の鮮明さを高めることがコンポーネント映像信号の特徴です。緑の色差については、UとVとの計算によって求めることができるので、信号に含まず、その分、全体の帯域を確保しています。


 コンポーネント映像信号によって画像は鮮明になりましたが、映像用だけで3本のコネクタが必要など、取り扱いが少々面倒なのが難点でした。そこで、コンポーネント映像信号を1本のケーブルで伝送するとともに、さらに機能を追加した規格が考案されます。これが「D端子」です。D端子を使ったTVまわりの配線は、以下のようになります。


 ところで、D端子のDは、コネクタ形状がアルファベットの「D」の字状であることからきていて、「デジタル」とは関係ありません。内部で伝送される映像信号はアナログです。そして、実は日本の独自規格なので、日本メーカーの製品でも、海外輸出用にはD端子を持たない製品が少なくありませんし、海外製品は基本的にD端子を持っていません。コンポーネント映像信号の伝送に加えて付加された機能は、走査線数(解像度の判別)、走査方式(インターレースとプログレッシブの判別)、画像のアスペクト比(16:9か4:3かの判別)などです。これらの信号をTV側が判断することで、さまざまなコンテンツが自動的に最適な状態で表示できるようになりました。

高画質、省スペースの時代とワンポイントアドバイス
 そして、2004年ごろから登場したのが「HDMI」と呼ばれる端子です。HDMIはHigh-Definition Multimedia Interfaceの頭文字を取った略称で、映像信号をデジタルのままで伝送できることと、音声信号も含めて1本のケーブルで接続できるようになったことが特徴です。また、D端子対応機器の場合、ほとんどはD4(720p まで対応)までしか対応しておらず、いわゆる「フルハイビジョン」である1080pの画像は表示できないという難点がありましたが、HDMIなら1080pにも対応しています。 録画機、TVともにHDMI端子を持っている場合、接続はこのようになります。


 ちなみに筆者の場合は、ディスプレイがHDMI入力端子を2系統持っているので、以下のように設定しています。


 ケーブルがたった3本だけという非常にシンプルな構成で、周囲にケーブルがのたうち回るようなこともなく、すっきりと配置できています。また、HDMIを使うことによって、「配線ができない、難しい」という悩みとも決別できるはずです。また、HDMIケーブルは12mといった長さのものも市販されていますから、「HDMIセレクター」などと呼ばれる製品を使うなどして環境を工夫すれば、ケーブル1本で別の部屋のディスプレイでもコンテンツを視聴、といった楽しみ方も可能になります。

 春になって新生活が始まった今、AV機器や環境の見直しを考えている方も多いかと思います。そんなときは、HDMIをフルに活用できる構成を念頭においてみていただきたいものです。家電量販店などの店員さんにしっかり相談して、コストパフォーマンスのいいAV環境を目指してください。ただし、HDMIについて一点だけ注意していただきたいのは、ケーブルの品質です。価格的にピンからキリまでありますが、一部の製品では、画質や音質が著しく劣化するようなものも存在していて、特に長めのものを購入する際は注意が必要です。ケーブル自体の品質だけではなく、機器側との相性もあるようなので、購入する前にインターネットなどで十分に情報を集めておくことをオススメします。


著者プロフィール:松田勇治(マツダユウジ)
1964年東京都出身。青山学院大学法学部卒業。在学中よりフリーランスライター/エディターとして活動。
卒業後、雑誌編集部勤務を経て独立。
現在はMotorFan illustrated誌、日経トレンディネットなどに執筆。
著書/共著書/編集協力書
「手にとるようにWindows用語がわかる本」「手にとるようにパソコン用語がわかる本 2004年版」(かんき出版)
「記録型DVD完全マスター2003」「買う!録る!楽しむ!HDD&DVDレコーダー」「PC自作の鉄則!2005」(日経BP社)
「図解雑学・量子コンピュータ」「最新!自動車エンジン技術がわかる本」(ナツメ社)など


前のページへ | 2/2 | 次のページへ

ページtop
HOME 電気と磁気の?(はてな)館 アースサイエンス&TDKテクノロジー テクの雑学 コンデンサ・ワールド
Copyright(c) 1996-2014 TDK Corporation. All rights reserved.
※記事の内容は、記事掲載時点での情報に基づいたものです。一部、現在TDKで扱っていない製品情報等も含まれております。
TDKホームページは、Internet Explorer5.5以降、Netscape Navigator7.0以降でご覧いただくことを推奨しています。