皆様からのご意見・ご要望を募集中!
サイトの品質向上のため、アンケートにご協力をお願いします。
(所要時間:3分程度)

アンケートに答える

後で回答する

回答しない

TDK
Tech-Mag TDK Techno Magazine 〜テクマグ〜
サイト内検索
メールマガジン登録個人情報保護基本方針
home
電気と磁気の?館
じしゃく忍法帳
フェライト・ワールド
column
テクの雑学
アースサイエンス&TDKテクノロジー
パワーエレクトロニクス・ワールド
コンデンサ・ワールド
なるほどノイズ(EMC)入門2
なるほどノイズ(EMC)入門1
過去の読み物

TDKホームページ
 トップページテクの雑学 > 第168回 CMOSでデジタルカメラのトレンドを探る 〜夜景などの暗い場所でも高画質な映像の撮影が可能〜
テクの雑学

第168回 CMOSでデジタルカメラのトレンドを探る 〜夜景などの暗い場所でも高画質な映像の撮影が可能〜

デメリットを克服して進化するCMOS
 その後、新たな技術の導入によって、CMOSは着々と弱点を克服してきました。フォトダイオード間で受光/終了のタイミングがまちまちなことに起因する問題は、機械式シャッターを使うことで、すべてのフォトダイオードを同時に受光/終了させて解決しました。固定パターンノイズや「暗電流ノイズ」はやっかいな問題でしたが、これも撮像前にノイズ成分となる電荷を別の場所に追いやっておき、撮像分の電荷と分離してから伝送する、といった技術で解消にこぎつけました。

 こうしてデメリットを克服したCMOSは、システム・オン・チップ化による高速駆動とさまざまな機能の追加が可能で、かつ製造コストも抑えられる撮像素子として生まれ変わりました。とはいえ、当初は機械式シャッターやノイズ抑制用ロジックなどの導入によってコストが高くなってしまったため、まずは高級一眼レフタイプのデジタルカメラから導入が始まったわけです。

 ただし、さらに高画質な撮像を実現するための課題は残っていました。中でも大きかったのが、画素数を増やしたり、高速作動を実現しようとすると、構造的に光を集める効率が低下してしまいがち、という問題です。


ポイントは積層構造
 CMOSは、特定の機能を持つ「層」がいくつも積み重ねられた「積層構造」になっています。従来型CMOSを断面で見てみると、レンズ側から順に、オンチップ集光レンズ→カラーフィルタ→トランジスタや配線→フォトダイオード&アンプという具合に積層されていました。問題は、トランジスタや配線などの層が3〜4層も積み重なっていることです。この層には光を通すための穴が開けられているのですが、集光レンズに入ってきた光が配線にぶつかって遮られたり、層の表面で屈折したりするため、フォトダイオードに届く光の量が減ってしまうという問題がありました。さらに、画質向上のために画素数を増やすと、一画素あたりの面積が小さくなるので、問題がより顕著になりますし、処理速度を高めるために配線層を増やすと、ますます光が届かなくなってしまいます。これがCMOSの、いっそうの高画質化、高速化を阻む大きな課題となっていたのです。


 課題解決のためのブレイクスルーとなったのが、「裏面照射型」構造の採用です。SONYが2010年に量産を開始したCMOSイメージセンサ「Exmor R」は、従来の構造を大きく変更し、レンズ&フィルタの直下にフォトダイオードを配置しました。トランジスタや配線などの層は、その下側(画像処理用半導体側)に位置します。部品として見た場合、フォトダイオードは基板層の裏面に位置しているので「裏面照射型」と呼ばれます。このような構造とすることで、フォトダイオードに届く光の量が大幅に増え、デジタルカメラで言うなら同じ撮影シーンにおいてより速いシャッタースピードで、もしくは絞りをより絞った状態で撮影することが可能となりました。

 裏面照射型CMOSは、発想自体はわりと以前からあったのですが、このような構造とすることで新たに生じる問題も少なくなかったため、実用化が待たれていた技術です。たとえば、チップ上ではフォトダイオードが大半の面積を占めるため、他の部品や配線は非常に狭い場所にレイアウトする必要がありました。従来構造のままで裏面照射型にしてしまうと、従来とは異なる原因によるノイズの発生、暗電流の増大、カラーフィルタとの距離が近付くことで「混色」が生じるといった問題があったのです。
 そのような問題を解決するため、裏面照射型CMOSでは部品の配置や配線の方法から見直し、裏面照射型構造に最適化することで、実用化を達成したわけです。

 現在、裏面照射型CMOSは普及価格帯のデジタルカメラはもとより、携帯電話用カメラにも採用が進んでいます。「暗い場所でもはっきり撮れる」といったキャッチフレーズが付いているカメラなら、裏面照射型CMOSを搭載している可能性が高いと考えていいでしょう。特に室内で撮影する機会の多い方は、次のデジタルカメラには裏面照射型CMOS採用の機種を選ぶことをオススメしておきます。「ひょっとして、撮影の腕前が上がった?」と思えるような、シャープな写真が撮れるはずですよ。


著者プロフィール:松田勇治(マツダユウジ)
1964年東京都出身。青山学院大学法学部卒業。在学中よりフリーランスライター/エディターとして活動。
卒業後、雑誌編集部勤務を経て独立。
現在はMotorFan illustrated誌、日経トレンディネットなどに執筆。
著書/共著書/編集協力書
「手にとるようにWindows用語がわかる本」「手にとるようにパソコン用語がわかる本 2004年版」(かんき出版)
「記録型DVD完全マスター2003」「買う!録る!楽しむ!HDD&DVDレコーダー」「PC自作の鉄則!2005」(日経BP社)
「図解雑学・量子コンピュータ」「最新!自動車エンジン技術がわかる本」(ナツメ社)など


前のページへ | 2/2 | 次のページへ

ページtop
HOME 電気と磁気の?(はてな)館 アースサイエンス&TDKテクノロジー テクの雑学 コンデンサ・ワールド
Copyright(c) 1996-2014 TDK Corporation. All rights reserved.
※記事の内容は、記事掲載時点での情報に基づいたものです。一部、現在TDKで扱っていない製品情報等も含まれております。
TDKホームページは、Internet Explorer5.5以降、Netscape Navigator7.0以降でご覧いただくことを推奨しています。