皆様からのご意見・ご要望を募集中!
サイトの品質向上のため、アンケートにご協力をお願いします。
(所要時間:3分程度)

アンケートに答える

後で回答する

回答しない

TDK
Tech-Mag TDK Techno Magazine 〜テクマグ〜
サイト内検索
メールマガジン登録個人情報保護基本方針
home
電気と磁気の?館
じしゃく忍法帳
フェライト・ワールド
column
テクの雑学
アースサイエンス&TDKテクノロジー
パワーエレクトロニクス・ワールド
コンデンサ・ワールド
なるほどノイズ(EMC)入門2
なるほどノイズ(EMC)入門1
過去の読み物
世界陸上@TDK
Techno-Box@TDK
あっとデバイス
テクのサロン
with ferrite
テクの図鑑
TDKの書籍

TDKホームページ
 トップページ過去の読み物じしゃく忍法帳
じしゃく忍法帳

第94回「磁気記録の技術史」の巻

-ユビキタス時代の情報ストレージ-

予測をはるかに超えたハードディスクの高密度記録

 1980年代は半導体技術が飛ぶ鳥を落とす勢いで発展した時代です。半導体メモリの価格ダウンにより、コアメモリやワイヤメモリ、磁気バブルメモリといった磁気記憶装置は、次々とコンピュータ市場から姿を消していきました。1980年代はまた半導体レーザの利用が本格化した時代でもあり、磁気記録は21世紀にはすべて光記録にとってかわられるといわれたこともありました。

 ところが1990年代にハードディスクは予測を覆す大発展を遂げました。磁性材料と磁気ヘッドの連携的な技術進歩により、驚異の高密度記録を達成していったからです。

 数年後には1枚あたり160GB(ギガバイト)のハードディスクが登場するといわれ、TB(テラバイト)時代も目前に迫っています。

 HDD(ハードディスクドライブ)の弱点は衝撃に弱いこと。回転するディスク面に磁気ヘッドが接触すると、読み書き不能になってしまうのです。この問題を解決したのがTDKの耐衝撃機構HDD用ヘッド。1000Gの衝撃にも耐えるTDKの新機構の採用により、これからは携帯電話やPDAなどのモバイル機器にもHDDが搭載されるようになるでしょう。

 HDDの駆動モータには強力な希土類磁石も応用され、小型化に大きく貢献しています。だれもが、どこでも、いつでもコンピュータを利用するようになるという“ユビキタス社会”に向けて、磁性材料と磁石はますます活躍しそうです。



図2 ワイヤメモリと磁気バブルメモリのしくみ

BACK(4)

ページtop
HOME 電気と磁気の?(はてな)館 アースサイエンス&TDKテクノロジー テクの雑学 コンデンサ・ワールド
Copyright(c) 1996-2014 TDK Corporation. All rights reserved.
※記事の内容は、記事掲載時点での情報に基づいたものです。一部、現在TDKで扱っていない製品情報等も含まれております。
TDKホームページは、Internet Explorer5.5以降、Netscape Navigator7.0以降でご覧いただくことを推奨しています。