皆様からのご意見・ご要望を募集中!
サイトの品質向上のため、アンケートにご協力をお願いします。
(所要時間:3分程度)

アンケートに答える

後で回答する

回答しない

TDK
Tech-Mag TDK Techno Magazine 〜テクマグ〜
サイト内検索
メールマガジン登録個人情報保護基本方針
home
電気と磁気の?館
じしゃく忍法帳
フェライト・ワールド
column
テクの雑学
アースサイエンス&TDKテクノロジー
パワーエレクトロニクス・ワールド
コンデンサ・ワールド
なるほどノイズ(EMC)入門2
なるほどノイズ(EMC)入門1
過去の読み物
世界陸上@TDK
Techno-Box@TDK
あっとデバイス
テクのサロン
with ferrite
テクの図鑑
TDKの書籍

TDKホームページ
 トップページ過去の読み物じしゃく忍法帳
じしゃく忍法帳

第111回「廃液処理と磁石」の巻

-水中で生まれる磁性材料-

高師小僧は古代の製鉄原料だった?

 占いの理論にもなっている陰陽五行(いんようごぎょう)説は、古代中国独特の哲学思想。忍法の五遁の術(木遁・火遁・土遁・金遁・水遁)は五行を冠した隠遁の術です。紀元前3世紀ごろの戦国時代には、五行は循環するという思想が生まれました。たとえば木→火→土→金→水と、前者から後者へ次々と生まれていくという考え方は五行相生説(ごぎょうそうしょうせつ)と呼ばれます。物質循環のハシリのような考え方です。

 土から金が生まれるという相生説の見本のような、高師小僧(たかしこぞう)と呼ばれる鉱物があります。褐鉄鉱の一種で、高師とは愛知県豊橋市の高師原(たかしはら)台地によく産出したことに由来します(愛知県の天然記念物に指定されています)。鉄分が豊富な粘土層にススキなどが生育すると、根の周囲に鉄分が凝集し、根が枯れたあとに褐鉄鉱として残存します。雨水などで表土が取り払われると、これが地表にたくさん顔をのぞかせるので小僧の名がついたようです。

 褐鉄鉱は不純な酸化鉄・水酸化鉄の集合体で、製鉄原料には向いていません。しかし、砂鉄による“たたら製鉄”が始まる以前の日本では、高師小僧のような褐鉄鉱を用いた製鉄が行われていたともいわれます。また、沼沢のアシ原には高師小僧と同じような成因で、鳴石(なるいし)とか鈴石(すずいし)と呼ばれる褐鉄鉱が産出します。中央は空洞になることが多く、振ると鈴のようにコトコトと鳴ることからの命名です。信濃にかかる枕詞である「みすずかる」も、こうした褐鉄鉱と関係するともいわれます。大昔、信濃の地には鳴石・鈴石を原料とする古代製鉄文化があり、のちに砂鉄原料のたたら製鉄文化により駆逐され、「みすずかる」という枕詞として残ったというのです。

高師小僧

(1)next

ページtop
HOME 電気と磁気の?(はてな)館 アースサイエンス&TDKテクノロジー テクの雑学 コンデンサ・ワールド
Copyright(c) 1996-2014 TDK Corporation. All rights reserved.
※記事の内容は、記事掲載時点での情報に基づいたものです。一部、現在TDKで扱っていない製品情報等も含まれております。
TDKホームページは、Internet Explorer5.5以降、Netscape Navigator7.0以降でご覧いただくことを推奨しています。