皆様からのご意見・ご要望を募集中!
サイトの品質向上のため、アンケートにご協力をお願いします。
(所要時間:3分程度)

アンケートに答える

後で回答する

回答しない

TDK
Tech-Mag TDK Techno Magazine 〜テクマグ〜
サイト内検索
メールマガジン登録個人情報保護基本方針
home
電気と磁気の?館
じしゃく忍法帳
フェライト・ワールド
column
テクの雑学
アースサイエンス&TDKテクノロジー
パワーエレクトロニクス・ワールド
コンデンサ・ワールド
なるほどノイズ(EMC)入門2
なるほどノイズ(EMC)入門1
過去の読み物
世界陸上@TDK
Techno-Box@TDK
あっとデバイス
テクのサロン
with ferrite
テクの図鑑
TDKの書籍

TDKホームページ
 トップページ過去の読み物じしゃく忍法帳
じしゃく忍法帳

第121回「原子時計と磁石」の巻

-時計と磁石の意外な関係-

方位磁石なしに南の方角を知る術

 方角を知ることができれば、太陽の位置によって、およその時刻を知ることができます。太陽が南中する時刻が正午となるからです(正しくいえば、これは地方時の正午で、日本標準時の正午は兵庫県明石の南中時刻)。

 忍法というほどのことでもありませんが、方位磁石(方位コンパス)なしに南の方位を知る術というのがあります。方位磁石のかわりに文字盤と針のついたアナログ時計を用います。文字盤を水平にして短針の先を太陽の向きに合わせます。このとき短針と文字盤の12時の方向がなす角度を2等分した方角が南になるというのです。

 その理由は少し考えてみるとわかります。太陽は天空を1日で1周するので(地球の自転による)、1時間では15度西に移動します。一方、アナログ時計の短針は12時間で1周するので、1時間では30度回転します。

 太陽が南中する正午を基準として考えてみると、このとき太陽のある南の方位、短針、文字盤の12時は一致していますが、1時間後には太陽は15度西に移動し、短針は30度回転して1時を指すことになります。このため短針を太陽に向けたとき、30度の半分の12時の方角が南となります。

 これを一般的にいえば、正午からa時間前(後)には、時計の短針は12時の向きとa×30度の角度をなし、太陽は南からa×15度だけ東より(西より)の方向に位置していることになります。したがって、午前・午後にかかわらず、ほぼ正しく南の方位を知ることができるのです。季節によって太陽高度も違うので、若干の測定誤差も生じますが、覚えておくと、ハイキングなどで活用できます。ただし、時計が狂っていないことが条件です。

イラスト


(1)next


ページtop
HOME 電気と磁気の?(はてな)館 アースサイエンス&TDKテクノロジー テクの雑学 コンデンサ・ワールド
Copyright(c) 1996-2014 TDK Corporation. All rights reserved.
※記事の内容は、記事掲載時点での情報に基づいたものです。一部、現在TDKで扱っていない製品情報等も含まれております。
TDKホームページは、Internet Explorer5.5以降、Netscape Navigator7.0以降でご覧いただくことを推奨しています。